自己破産 とは

自己破産はどういう場合にするのか

破産してしまった人

 

自己破産は債務整理をする際の方法のひとつです。
債務整理をする際、借金の総額が膨大になっている債務超過の状態にあり、現状のままでは完全に支払い不能となった場合に選択する方法が自己破産です。

 

最初は返せる範囲と判断して金融機関からお金を借りたものの、高い利息がついて返済できなくなり、その返済のために他の金融機関からお金を借りるというような自転車操業になり、雪だるま式に借金が増えてしまうことがあります。このような多重債務の状態になって自己破産を選択することになってしまうことが少なくありません。

 

自己破産をするのには手続きが必要です。
裁判所に破産手続申立てと免責許可申立てをして、破産と免責を認めてもらわなくてはなりません。
申し立てをしたからといって必ずしも認められるわけではなく、例えば債権者への返済に充てられるような資産を持っていたり、返済が可能な収入があると判断されれば認められません。
また、財産を隠していたり、自己破産を繰り返しているなど、免責不許可事由にあたる場合は免責がおりないという可能性もあります。

 

自己破産をしても日常の生活に大きな支障はありません。しかし不名誉なことではありますし、いくつかの制限などを受けなければなりません。
官報にその旨が記載され、本籍地の破産者名簿にも名前が載ります。これは管財人が選定される場合のみで、手続きが終了すれば削除されます。
誰もに知られてしまうわけではありませんが、官庁関係など一部の人には知られてしまいます。
また、債権者が信用情報機関に事故情報を登録しますので、金融機関などからお金を借りることはできなくなります。

 

このようにいくつかの制限などはありますが、借金の返済に追われて日常生活にも支障が出ている場合には、自己破産という方法を選択するのもやむを得ないでしょう。

自己破産はどういう場合にするものなの

進むべき道を探す

 

自己破産は債務整理の1つです。これは債務超過といって多額の借金を抱えてしまった際にする債務整理です。支払い不能になった場合にのみすることが出来ます。
この自己破産にまで追い込まれてしまう原因として自転車操業や雪だるま式と呼ばれるとうな借金の膨らみ方があります。つまりは多重債務の状況ということです。

 

自己破産するにあたり、裁判所に手続きをする必要があります。この手続きとして、破産手続申立てと免責許可申立てがあり、これをすることで破産と免責の許可を得るわけです。
自己破産は誰でもできるというわけではありません。それは、資産を持っていたり、返済可能な収入がある場合です。こういった場合は自己破産が認められないというケースもあります。
そして、自己破産を繰り返していたり、財産を隠し持っているような場合でも自己破産が認められないケースもあります。

 

自己破産をした場合、一般的に日常生活に大きな支障があるわけではありません。しかし、自己破産は大変不名誉なことです。いくつか制限を受けることでしょう。そのうちの1つとして、官報に名前が載ることです。さらに、本籍地の破産者名簿に名前が記載されます。一般に名前が公表されるわけではありませんが、官庁関係者などの一部の人には知られてしまうことでしょう。また、債権者が信用情報機関に事故情報を登録します。そこに名前が記されることになりますので、もう借金をすることができなくなります。
しかし、自己破産しか手立てがないような場合は自己破産するしかないでしょう。

自己破産する時の手続きの流れはどうなる

借金の闇を抜けて夜明けは近い

 

債務が増えて多重債務になってしまった際には、一刻も早く債務整理をするのが良いでしょう。債務整理には色々な種類があり、債務者の状況に応じて適切なものを選択していくことになります。
しかし、どうしても返済できない、返済不能である場合には自己破産を選択することもあります。完全に返済ができない場合は自己破産しかないと言っても過言ではありません。

 

自己破産をするにあたり、裁判所に破産申立書と添付書類を提出します。この申立書は裁判所で貰うことが出来ます。また、添付書類は裁判所の指示に従って揃えれば問題ありません。これらの書類を裁判所に提出すると自己破産の手続きが開始されるのです。
その後、裁判所から破産について審問が行われます。この時、事前に裁判所から審問内容が通達されます。これに対して書面で返事をすることが必要になります。

 

破産の手続きを進めるにあたり、財産があるかないかで少々手続きが変わってきます。まず、所有財産がある場合ですが、所有財産を処分して債権者に分配する必要があるので、管財人がつく管財事件になります。
その後、免責許可の手続きへと移行します。そして、財産がない場合は、破産宣告と免責許可の手続きを同時に行うことになります。これが同時廃止手続きとなります。
どちらにしても、免責許可まで完了することが自己破産の手続きとなります。免責許可がおりることで、法律的に債務を返す義務がなくなるということです。

自己破産を選ぶメリットとデメリット

新しい道を進む

 

自己破産について簡単に説明しますと、裁判所に借金の返済がどうしてもできなくなったと認めてもらい、その借金や債務を帳消しにしてもらうことです。
これは免責といって、債務を返済する義務を無くしてもらうことでもあります。そして免責を裁判所に認めてもらえば、それからは債務返済の義務がなくなるわけですから、借金に追われることがなくなります。
しかし、自己破産は誰でもできるわけではありません。その条件として、二つ挙げられます。それは、借金の返済が不可能であること、過去7年以内に免責を受けていないことです。

 

それでは、自己破産のメリットについていくつか挙げてみると…。

  • 借金に悩まされることがなくなる。
  • 取り立てがなくなる。
  • 収入を生活費に使える。

そして自己破産をする最大のメリットとして私が感じているのが精神的負担の軽減が大きなところでしょう。

 

反対にデメリットについてもみていきます。

  • クレジットカードの作成ができなくなる。
  • ローンを組めなくなる。
  • 国が発行する機関誌である官報に名前が載る。
  • 借金の連帯保証人に借金が移行し、迷惑をかける。

 

自己破産のデメリットは自身の生活の制限になったり、記録として残ったり、または連帯保証人に迷惑をかける結果になります。
ですので、安易に決定していいことではありませんね。あくまでも自己破産は最終手段です。
債務を返済できるのならそうした方がいいわけですから、自分一人で解決が難しい場合は専門機関に相談してみるのも大事です。

債務整理が分かるトップページへ戻る債務整理についてはこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、返せなくなった時にどうすべきかを紹介しています。