借金 時効 5年

借金踏み倒していると時効になるの?

 

借金から逃げ切れなくて頭を抱える

 

カードローンなどの借金を踏み倒すことを考えている人も多いようです確かに5年間返済を逃げ続ければ時効なので、援用をすれば時効が成立し、債務消滅です。

 

しかし、そんな長期間にわたり消費者金融は待っていません。返済がきついなら債務整理がお勧めです。

 

そこまで世の中甘くありません

 

カードローンのような借金の踏み倒しは、消費者金融からお金をもらうことと同じです。努力して働かなくても、お金がもらえるならこんないいことはありません。

 

消費者金融の時効が5年なら、5年間逃げ切って踏み倒しをしようと考える人もいらっしゃるでしょう。しかし、残念ながら世の中そこまで甘くありません。

 

逃げ続けることは難しい

 

消費者金融のカードローンは簡単に借りることができるため、自分のお金と区別がつかなくなる人も多いようです。

 

しかし、借りたお金ですから返済が滞れば督促があります。

 

 

この督促を無視して返済しなければ、消費者金融は督促状を送りつけ、期日までに返事がなければ訴訟にします。

 

返済をしていないことは明らかなので、消費者金融が勝訴し、差押を実行します。

 

行方不明になれば別ですが・・・

 

もちろん消費者金融がわからないように行方不明になれば話は別です。

 

さすがに消費者金融も住民票まで確認することはできませんから、会社を辞めて夜逃げをされたらどうしようもありません。

 

ただ、そこまでする価値はあるのでしょうか。失うものの方が絶対多いはずです。

 

踏み倒しは事実上無理です

 

借金から逃げ切れるのか

 

このように借金の返済を無視し続けると、いずれ訴訟沙汰になります。消費者金融は5年という時効を待つことはありません。

 

それどころか、行方不明になる前に回収しようとしますから、返済の意思がないと判断されると、すぐに訴訟にしてしまいます。

 

このように消費者金融の借金を踏み倒しするのは難しいのです。

 

相手の態度によってはすぐ訴訟です

 

消費者金融などの回収担当者は返済が滞る顧客に対し、相手の対応で態度を変えます。返済が難しくても、一定金額を返済していれば辛抱強く待ってくれることも珍しくありません。

 

返済が続いていれば、時効が中断され続けるため、回収不能になることはないからです。

 

 

しかし、踏み倒しを考えている相手に対しては容赦なく対応します。通常より早めに督促をして、すぐに差押を実行されかねません。下手なことをするとヤブヘビなのです。

 

給料の差押は信用を落とします

 

訴訟を起こした後、消費者金融は給料の差押を実行します。一番効率的に回収できるためです。

 

しかし、回収される勤務先の会社には余分な仕事を強いることになり迷惑をかけます。それに、自分の信用もガタ落ちでしょう。

 

それより債務整理がお勧め

 

借金問題解決のプロが存在します

 

このように借金の踏み倒しを狙って返済を止めてしまうとひどい目に遭います。そのため、やめたほうが賢明です。

 

もし、借金返済が滞り、返済がきついというのであれば債務整理をお勧めします。債務整理を専門とする弁護士さんに相談すれば、ベストの方法を考えてくれるでしょう。

 

早めの対応がデメリットを最低限にします

 

債務整理には種類がいろいろありますが、できるだけマイルドな方法を選択したほうが時間も費用も最低限で済みます。返済が滞り続けると、信用情報に事故情報、つまりブラックリストの対象になります。

 

クレジットカードなどの申込が一切できなくなるのです。

 

それならば、弁護士さんに相談をして債務整理に踏み切ることをお勧めします。

 

債務整理のデメリットとしてブラックリストになってしまうことが挙げられますが、既に事故情報でブラックリストに載ってしまっているならデメリットはなくなるためです。

 

遅くなるほど手段が限られます

 

ただ、債務整理は、ある程度の返済能力がないと取るべき手段が限られます。つまり収入に比べて債務が大きすぎると自己破産しか手段がなくなるのです。

 

自己破産は、債務がチャラになりますが、官報に載るデメリットがあります。一生の汚点となりかねず、弁護士さんはできるだけ避けたいと考えていますが、やむを得なければ仕方ないのです。

 

弁護士さんはあなたの味方です

 

借金問題をプロに相談

 

このように借金返済が難しくなったら、借金の踏み倒しや時効の援用で逃げ切ろうと考えず、弁護士さんに債務整理の相談をすることをお勧めします。

 

相談のタイミングは先ほど述べた通り、早ければ早いほど好ましいです。

 

 

債務整理を得意とする弁護士さんは、全国にいらっしゃいます。ネットで探せば自分の身近な場所にいらっしゃるかもしれません。

 

弁護士さんの敷居は高くありません

 

弁護士さんを依頼するとお金がかかるとか、敷居が高いと思っている人が多いようです。

 

しかし、債務整理を得意とする弁護士さんの中には消費者金融の被害者を救済しようとする運動をしている人もいらっしゃいます。弁護士さんはあなたの味方なのです。

 

債務整理の最初の相談料は無料です

 

また、債務整理を専門としている弁護士さんは、最初の相談料を無料にしていることがほとんどです。お金の工面ができないことは承知しているからでしょう。

 

悩むより先に一度相談してみてはいかがでしょうか。早めの相談が自分の立ち直りを早くするでしょう。

 

消費者金融などの借金を踏み倒ししようと考えている人が少なくないようです。しかし、現実的ではないことがお分かりになったでしょう。

 

消費者金融に限らず、金融機関は商売道具でもある貸金回収に執念を燃やします。

 

 

踏み倒しを考えるより、債務整理で返済額を圧縮し、早めに完済することを考えた方が賢明です。相談できる弁護士さんは身近にいます。

 

債務整理が分かるトップページへ戻る債務整理についてはこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、返せなくなった時にどうすべきかを紹介しています。