任意整理 とは

借金を減らすことが可能なのです

お金の工面が大変です

 

借金を返済し続けているけどなかなか減らない、これから完済まで何年払い続けなければならないのかと悩んでいる人は債務整理の1つの方法の任意整理をしてみたらどうでしょうか。
任意整理をすることによって借金を減らすことができる可能性があります。
自己破産のように借金が0になるということではなく、貸金業者との交渉で借金を少なくして残りを2〜3年で完済できるようにするのです。
しかし場合によっては過払い金請求と合わせて手続きしたら過払い金のほうが金額が多く、結局返済中だった借金が0になってしまった。という事例もあります。

 

任意整理のメリットとデメリットにはどんなものがあるでしょうか。
任意整理を始めるとき貸金業者に対し、受任通知を送ります。
その時点で借金の催促の連絡はしてはならないとされています。
ですから借金の返済が間に合わず催促の連絡に追われていた人にとってはありがたいことです。

 

もう一つは任意整理をすることによって利息がカットされるということです。
任意整理をしないでこの先完済したとしても、最終的に返済に支払った合計金額はかなりの差がでます。
期間が長くなればなるほど多く支払わなければならないのです。
デメリットとしてはほかの債務整理同様ブラックリストに載ることになるので、また借金をすることや、カードやローンの申請を通せないでしょう。
しかし、債務整理を機に欲しいものがあったらお金を貯めてから買うという習慣をつけていくようにできるチャンスだと思っていればいいのではないでしょうか。

任意整理はどういう場合にするのか

問題解決へのステップ

 

任意整理をする場合ですが、任意整理は過払い金返還請求や債権者との交渉で借金を減額した上で、残った借金を概ね3年で返済することが基本的な考えです。なので、今ある借金をいくら減らせるのか、そして残債を3年で返済できる収入があるのかによって判断されることです。

 

最近はカード会社や消費者金融と行った金融機関を相手にする任意整理が増えています。これは弁護士・司法書士などの専門家が裁判所を通さずにと直接業者と利息、延滞金などの借金減額の手続き交渉を行うものです。

 

これはどういう人に向いているかというと家族や身近な周囲の人達などに借金の事実を知られたくない、そして借金の金額が比較的少ない人と言われています。
カード会社や消費者金融に過払い金、つまり過去に払いすぎていた利息分を返金してもらう手法の弁護士らが多くなっていることが任意整理が増えている背景にあるようです。

 

このように専門家が借金の減額、免除などの手続き交渉を行うことが任意整理であり、金融機関といままでの契約から改めて新しい和解契約を結び直すことになります。
過去には法律で決められた利息の上限を超える契約となっている場合には、支払い過ぎた利息、そして延滞金を免除のうえあらためて契約するのです。

 

グレーゾーン金利によって発生した過払い金が支払いすぎた利息ということです。長い間にわたり返済し続けてきた人は過払い金が発生しているケースが多いのです。
いままでの例では長い間借金をしてきた人の場合、過払い金が100万円以上という高額になっているケースも少なくありません。これで残っている借金がゼロになってしまうことも多いのです。
弁護士・司法書士に依頼することで過払い金返還請求、任意整理を同時に進めることができますから任意整理をお考えの方には好都合といえます。

任意整理の手続の流れは

道標と段取りと

 

任意整理の手続きを弁護士や司法書士などに依頼した場合の流れについて、おおまかにですが順を追って説明します。
まず、弁護士が任意整理の依頼を受けると、債権者(金融機関など)に対して受任通知という書類を発送します。これが債権者に届いた時点で、債権者からの取立てや督促をストップさせることができます。

 

次に、取引履歴の開示請求をします。これを元に、利息上限法により引き直し計算を行います。
利息を支払い過ぎていると判明した場合には、利息上限法の上限金利で計算をし直します。これによって、本来支払うべき利息を出します。
そして、正しい支払額を把握した上で、債権者と和解交渉を行うことになります。
将来発生する利息のカット、3年程度をかけて分割払いをするという交渉になります。支払い期間については、5年程度まで延長できる場合もあります。

 

和解が成立したら、書面での契約書を交わします。和解契約書を交わし、締結すると手続き完了となります。
和解契約の締結後は、契約書に記載されている支払い開始日から返済を行っていくことになります。
しかし返済が滞った場合や遅れてしまった場合には、契約が破棄されたと判断され、返済残高の一括返済を求められる場合もあります。せっかく行った手続きが無駄になってしまいますので、注意してください。
任意整理を考えている場合には、まず法律の専門家に相談してみましょう。無料相談に応じているところも多いので、費用の心配なく相談をすることができます。

債務整理が分かるトップページへ戻る債務整理についてはこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、返せなくなった時にどうすべきかを紹介しています。