任意整理 とは

借金を減らすことが可能なのです

任意整理をおすすめする理由について

借金を返済し続けているけどなかなか減らない、これから完済まで何年払い続けなければならないのかと悩んでいる人は債務整理の1つの方法の任意整理をしてみたらどうでしょうか。

任意整理をすることによって借金を減らすことができる可能性があります。
自己破産のように借金が0になるということではなく、貸金業者との交渉で借金を少なくして残りを2〜3年で完済できるようにするのです。
しかし場合によっては過払い金請求と合わせて手続きしたら過払い金のほうが金額が多く、結局返済中だった借金が0になってしまった。という事例もあります。

 

任意整理のメリットとデメリットにはどんなものがあるでしょうか。
任意整理を始めるとき貸金業者に対し、受任通知を送ります。
その時点で借金の催促の連絡はしてはならないとされています。
ですから借金の返済が間に合わず催促の連絡に追われていた人にとってはありがたいことです。

 

もう一つは任意整理をすることによって利息がカットされるということです。
任意整理をしないでこの先完済したとしても、最終的に返済に支払った合計金額はかなりの差がでます。
期間が長くなればなるほど多く支払わなければならないのです。
デメリットとしてはほかの債務整理同様ブラックリストに載ることになるので、また借金をすることや、カードやローンの申請を通せないでしょう。
しかし、債務整理を機に欲しいものがあったらお金を貯めてから買うという習慣をつけていくようにできるチャンスだと思っていればいいのではないでしょうか。

債務整理が分かるトップページへ戻る債務整理についてはこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。