債務整理 デメリット クレジットカード

債務整理をするとクレジットカードはどうなるか

クレジットカードが持てなくなるのか心配

 

債務整理をするデメリットとしてクレジットカードに対する影響が挙げられます。一般的に言われているブラックリスト(信用情報機関への「事故情報」の登録)に記録されるため審査に通らなくなるのです。

 

一般的には債務整理と共にクレジットカードも同時に利用できなくなると言われていますが、実はちょっと異なるケースもあるようです。

 

カードによっては使える

債務整理をするとその対象となったクレジットカードが使えなくなることは当然です。しかし、休眠カードまで影響は及びません。

 

もちろん休眠カードを発行している信販会社が債務整理対象の信販会社であれば話は別です。しかし、別の信販会社であれば、信販会社経由で情報が洩れることはありません。

 

更新できない場合が多いです

しかし、更新の際に債務整理をしていることがバレることがあります。信用情報機関に照会することでわかってしまうのです。

 

もっとも、信販会社系の信用情報機関であるCICは債務整理の内容によっては登録しないことがあります。この場合、照会してもバレない事があり、債務整理をしたのにクレジットカードの更新がされたという場合が実際にあります。

 

このように必ずしも債務整理がクレジットカードに対し、デメリットを及ぼすとは限らないのです。

 

クレジットカードの新規申込は可能?

 

またクレジット契約できるのか

 

では、債務整理後にクレジットカードの新規発行は可能でしょうか。先ほど、カード更新の際に信用情報機関に照会してもバレない可能性があると述べました。

 

ただ、新規申込の際には照会の範囲を広げています。日本の信用情報機関は3つあり、信販会社はそのうちの2つには加盟しており、新規申込の際には両方照会しているのです。

 

つまり、新規発行の際に審査に手間をかけており、更新はできても新規では審査落ちの可能性があります。

 

事実上新規発行はできない

このように債務整理をするとクレジットカードの新規発行はほぼ絶望的です。債務整理をすることによるデメリットと言えるでしょうが。これは仕方ないでしょう。

 

最近はクレジットカードと同様に利用することができるデビットカードもありますから、ネット銀行に口座を作り利用してみてはいかがでしょうか。

 

5年間はじっと我慢して生活再建

信用情報機関に登録されたブラックリストの情報は5年後に削除されます。ただ、どこから5年かは正確にわかりません。登録するのは信販会社だからです。

 

ただ、5年という長期間じっと待っている必要があることを意味しています。これも債務整理をすることによる大きなデメリットと言えるでしょう。

 

しかし、二度と同じことを繰り返すのはもう御免だという気持ちになっているはず。その期間中にしっかりと生活再建を目指して借金と縁のなかった頃の生活を取り戻すのが先決とも言えます。

 

債務整理の方法によって差はあるのか?

 

もう返すあてもなくなったあなたに

 

債務整理には任意整理のような「マイルド」な方法から、自己破産のような「ハード」な方法までいくつかあります。

 

債務整理の種類によって、クレジットカードに対する影響が異なり、同時に信用情報機関に対する登録内容も変わるのです。つまり、債務整理の方法によってクレジットカードに対するデメリットに差が出ます。

 

任意整理をした場合

債務整理の中で一番負担が軽いと言われるのが「任意整理」です。法律に基づかない「和解」による契約変更で債務返済ペースを軽減する債務整理です。

 

この方法のメリットは債務整理対象を選択できる点でしょう。つまり、債務残高が大きな借金に限定して債務整理を実行し、休眠カードなどは残すことができます。

 

自己破産の場合は

これに対し、自己破産は官報に住所氏名が載るような負担が大きな債務整理です。強制的に債務をすべて消滅させるため、利用残高があるクレジットカードはすべて整理対象です。

 

ただし、利用残高のない休眠カードは自己破産とは無関係です。冗談のような本当の話ですが、自己破産後に休眠カードの更新がされ、新しいカードが送られてきたという例もあるのです。

 

返済が行き詰まったら無理せず相談を

 

専門家に相談して問題解決を図りたい

 

このようにクレジットカードに対するデメリットは決して少なくない債務整理ですが、借金返済が厳しければ、どちらを優先すべきか自明でしょう。

 

自分の生活が滅茶苦茶になりそうなのに、クレジットカードを残すことを考えるべきでしょうか。また返済のためにさらに借金するのは絶対にさけるべき禁じ手です。

 

解決策をアドバイスしてもらえる債務整理に詳しい弁護士などに現状を包み隠さず相談すべきでしょう。

 

クレジットカードがなくても、先ほど述べたようにデビットカードがあれば日常生活に支障は出ません。それより、苦しい返済の毎日から脱出することが先決ではないでしょうか。

 

早めに相談することで傷が浅いうちに対応できるかもしれません。

 

以前の生活を取り戻すことを最優先に

債務整理を得意としている弁護士は、最初の相談料を無料としています。支払ができないことを知っているからです。一度相談をすることで自分の悩みもすっきりし、将来の見通しも明るくなるでしょう。

 

債務整理によるクレジットカードへの影響は気になるものです。日常的に利用している支払手段ですから、いきなり使えなくなると生活に支障が生じます。

 

しかし、現在支払っている借金など重荷になったら、それを解消することが第一番目の問題でしょう。クレジットカードより自分の生活を正常化する方を優先するのが大切です。

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール診断

債務整理が分かるトップページへ戻る債務整理についてはこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、返せなくなった時にどうすべきかを紹介しています。