債務整理 とは

債務整理はどういう人がするのか

クレジットカードを使いすぎたかも

 

今ちょっとだけ必要だから借入してみよう。最初、ほとんどの人はこんな感じで借金を始めます。
初めのうちは少額なので簡単に返せたりします。返せるから大丈夫とまた借ります。

 

借金をする理由はいろいろありますが、ギャンブルの場合は、返せる収入の見込みがないのに勝負に勝った報酬で返せると全く根拠のない想像で借金をすることが多いようです。
一時勝負に勝って運よく借金が返済できて、また負けがこんでくると借りればいいという考えにもうなってしまっているので結果的に雪だるま式に借入総額が増えていってしまうのです。
そして気が付くと借り入れも返済もできない状態に陥ってしまった…これからどうやって生活していけばいいのだろうかということになるのです。

 

節約して何とか返済できるうちはいいですが、生活ができなくなってしまうところまで来てしまうと、債務整理を考えなければならないでしょう。
債務整理をすることにより借金の額を減らすことができ、また普通に返すよりも早く完済できるということもあります。
債務整理の種類によっては借金を全額なしにすることもできます。
ではどのように進めていったらいいのでしょうか。

 

種類によって自分で手続きが可能なものもあれば、専門家に任せなければならないものもあります。
自分でする手続きは「可能」というだけであり、仮に自分で行うとなれば知識と手間、時間を要するためにあまり現実的ではありません。
必要書類、費用や期間など手続きの仕方によってメリット・デメリットがありますから、その人の借入金額や経済状況、財産の有無によって適切な手続きを進められるのがいいでしょう。

 

まず借金をしないのが一番いいのですが、なんらかの理由で借りてしまったものはしょうがありません。
これから先雪だるま式で借金地獄に陥って人生を棒に振るよりも債務整理をして新たな人生の第一歩を踏み出せるようにした方がいいのではないでしょうか。
もういくら払っても減らない借金を頑張って返すのはやめにしましょう。
債務整理であなたの犯してしまった過ちを取り消せることができるかもしれません。

債務整理の種類について

どの方法を選ぶのか

 

債務整理の種類には任意整理、個人再生(民事再生)、自己破産、特定調停などがあります。返済が困難になった借金の全額、または一部の減免を目指していくものです。いずれも法律で認められた方法であり、多重債務からの救済方法といえます。

 

債務整理の種類はいくつかありますが、あなたの収入や借金の額などによって最適な方法を選びます。

 

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産などの種類があります。
わかりやすく、ひとつひとつ説明をしていきましょう。

 

まず、任意整理とは、全ての利息(未払いの利息と将来発生する利息)をカットして、残った借金を約3年〜5年の期間で分割して返済していく方法です。
遅延損害金も全額カットできますので、すでに延滞をしてしまっていても、強制解約をされてしまっていても使えます。
個人で交渉をするのは難しいので、専門家である弁護士に相談するのが良いでしょう。

 

次に民事再生とは、利息だけでなく元本も大幅にカットできる方法です。およそ5分の1程度まで減額できることが多いようです。
また、財産を取り上げられることなく債務整理が行えますので、少しでも財産がある人は、自己破産を選ぶより民事再生を選択したほうが良いとされています。
例えば、住宅ローンが残っているマイホームは、住宅ローン特例によって守られます。

 

最後に自己破産です。
これは全ての借金の返済義務をなくすことができる方法です。しかし財産などはすべて没収されてしまうというデメリットがあります。

 

また、借金を返済していて、多く返し過ぎていたという場合にできる過払い金返還請求というのがあります。
これは任意整理とセットで行われることも多いですが、過払い金返還請求だけをすることもできます。これによって、払いすぎたお金を取り戻したり、借金を減額したうえで任意整理をしたりできるのです。
過払い金返還請求をするだけの場合には、任意整理、民事再生、自己破産をした場合に起きるブラックリストにのってしまうというデメリットが起こりません。

債務整理が分かるトップページへ戻る債務整理についてはこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、返せなくなった時にどうすべきかを紹介しています。